ドラクエまとめ速報【ドラゴンクエスト】 

当ブログではドラゴンクエスト関するまとめサイトでございます。 ドラクエ最新作が出れば、そっちを中心に投稿していきます

    ドラゴンクエスト11



    1: 2018/09/07(金) 01:52:06.20
    『ドラゴンクエストXI』は欧米で圧倒的高評価――しかし一部性的要素が批判される

    発売に先駆けて、欧米のメディアやインフルエンサーはスクウェア・エニックスからゲームを提供してもらい、各所でレビューが掲載された。
    本作PS4版の評価は国内で非常に高く、IGN JAPANのレビューで9.4点をつけている他、
    週刊ファミ通のクロスレビューでも40点満点を獲得している。さらに、Amazonのユーザーレビューでも5点中4.5点の平均スコアとなっている。

    そして、IGN USのPettyはもう1つ、興味深い批判をしている。今年4月、『DQXI』における性的要素が欧米版でもカットされず、
    あの「ぱふぱふの集大成」が国境を超えることが明らかになった。国内では『DQXI』におけるお色気要素は一種の伝統となっているが、
    これまでにカットされたこともある欧米でこの伝統はそこまで浸透していない。Pettyはこれについて、以下のように書いている。
    「『DQXI』における身の縮むような性的要素にも触れなければならない。女性のパーティメンバーのために
    性的フェティッシュのバニールスーツを調達するといったサイドクエストが『DQ』に何かの形で貢献しているとは思えない」
    ぱふぱふについては「『DQ』シリーズは昔からぱふぱふといった性的要素のイースターエッグが盛り込まれているが、
    『DQXI』はその伝統を過剰に重んじているように思う。崖の上でぱふぱふに誘われると目隠しされてはバンジージャンプをやらせるといった
    笑わせてくれるものもあったし、いつのまにかお化粧を施されているものもある。だが、1つのぱふぱふについては本当に嫌な気持ちになった。
    僕はお姉さんの暗い部屋に案内されたが、ぱふぱふが終わった後に電気がつくと彼女の父親がそこに立っていた。
    そこでぱふぱふはこの父親が担当したことが明かされるわけだが、この出来事が意味するものに困惑したし、面白いとは思えなかった」

    引用元:2ch.sc


    【ドラクエの「ぱふぱふ」に欧米人が苦言。「なぜせっかく面白いのに笑えない性的要素を入れるんだい?」 】の続きを読む

    このページのトップヘ